• ホーム
  • 少ない服用回数でヘルペスを治療するバルトレックス

少ない服用回数でヘルペスを治療するバルトレックス

2019年10月03日
カプセルを持っている男性

ヘルペスが発症した時に1番最初に処方されるのがバルトレックスという治療薬。1日に2回服用する必要があります。バラシクロビルはウイルスの増殖を抑える効果がありますがウイルスを殺す効果はないのです。そのためウイルスが増え切って症状が出てしまった状態で服用したとしても意味はありません。

ヘルペスが再発する時にはむずむずとしたかゆみがあるので、事前にわかるようになります。この段階でバルトレックスを服用すると発症する前にウイルスの増殖を抑えることができるようになるのです。そのため再発すると気付いた時点で服用することが重要になります。多い人だと1年に何回も再発する人もいます。そのため再発する前に服用できることが重要なのです。

バルトレックスを服用することによって、副作用が生じることがあります。バルトレックスの副作用として挙げられるのが下痢、嘔吐、腹痛、頭痛です。たいていは下痢と腹痛の副作用を生じることが多いです。極稀にアナフィラキシーショックや肝炎、急性腎不全といった副作用を生じることも。違和感を感じた際には早めに医師に相談するようにしましょう。

バルトレックスは市販では販売されていないので、病院に行って処方して貰う必要があります。病院では必要な分しか処方して貰えないので、再発しそうだからすぐに服用しようというのは不可能です。ですが医師は再発する前に服用が推奨されているのですから矛盾していますよね。

そこで活用したいのが通販や個人輸入になります。個人輸入であれば、病院に行って処方して貰うよりも安いので費用を抑えることができます。今すぐバルトレックスを通販してみましょう。個人輸入であればジェネリック医薬品を購入することも。ジェネリック医薬品であれば通常よりも安いので、長期的に治療をしなければならないヘルペスではかなり費用を抑えることができるのです。バルトレックスのジェネリック医薬品であればセントレックスというものがあります。セントレックスはバルトレックスと同様にバラシクロビルを配合している治療薬なので、効果は十分に得ることができます。

個人輸入の場合にはまとめ買いをすることができるので、再発しそうだなと思った時にはすぐに服用することができます。まとめ買いをすると安くなることが多いので、頻繁になるのであれば特に購入しておきたいところ。しかしどんなに多くても最大2カ月分しか購入することしかできないので、その点は注意しておきましょう。